2007年02月21日

東大生の家庭教師

東大に合格したいなら、やはり家庭教師は東大生が良いでしょう。
東大出版会などでも多いですが、安田講堂で遊んでみるのも東大後期合格のためになるかもしれません。
東大受験ブログというもので赤門の訪問ツアーなんかもありましたね。

東大受験生はストレスとプレッシャーがかかることが多いですが、そういった場合にはコーチングを頼んでみるのも手です。
東大英語、東大数学といったものはとても難関で偏差値も高いので、隣の子どもがどうやって東大に行ったか気になると思いますが、Z会の東大マスターコース、東大付属のセンターでもそのヒントがあります。
【関連する記事】
posted by 東大合格一直線 at 20:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東大法学部

東大法学部出身者はやはり法曹関係に進む方が多いようですが、東大の入試にしても東大の数学にしても、付属の高校や進学会からの生徒の方が有利になる事は否めません。
東大大学院に進む人も圧倒的に多いようです。

東大生のブログランキングなどもありますので、そちらで実際の合格者数や付属病院の施設の内容などを調べてみましょう。
セミナーや図書館、野球部が練習する野球場などの細かな事についてまで東大生の日常がわかるので、パンフレットなんか読むよりよっぽど良いです。

最近ではタレントの木村美紀さんという現役東大生の方もよくテレビに出ていますので、ブログなんかを覗いてみると面白いですよ。
あのドラゴン桜のテレビの監修なんかもやってるらしいです。
posted by 東大合格一直線 at 20:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東大受験について

東大の受験に合格するのは難しくありません。
東大合格者のブログやミス東大の体験談などが今では簡単に手に入ります。
そういった、現役東大生などの手記にふれてみると、今現在の偏差値が低くてもそれほど関係ないことがわかるでしょう。

また、東大生を身近に感じるために、実際に東大の生協に足を運んだり、理3の教室、医学部の研究室などを覗いたりしてみるのも良いでしょう。
受験前にくじけそうになったときにきっと精神的な助けになると思います。

東大の過去門を解いてみるとどれくらいのレベルかがわかると思いますが、駒場の東大前でコーチを頼んで見ても良いですね。
東大の足切りにも気を配って調べておきましょう。
posted by 東大合格一直線 at 20:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。